鯛・ままかり・鰆・さよりなど国産鮮魚を
1つ1つ丁寧に手作り安心・安全な水産加工品を全国にお届け

商品・ご注文に関するお問い合わせは 電話番号:000-0000-0000

買物カゴの中身をみる

倉敷・魚伊山陽路 公式通販ショップ HOME > スタッフブログ > 社長のつぶやき日記

社長のつぶやき日記

2020年11月18日

美味しいもので繋がる。

おはようございます。晩秋の季節となりましたが、日中はポカポカ陽気で車を運転していると汗ばむほどです。新型コロナウイルスの感染者が全国規模で毎日増え続けており、これからインフルエンザが流行する季節と重なって、医療現場がますますひっ迫するのではないかと心配です”(-“”-)”
GO TOキャンペーンを実施している中、経済と感染予防を両立させることが益々難しくなってきています。国や自治体の素早い対応が求められますが、先ずは自分で出来ることをやらなければならないのでしょうね。
イギリスやアメリカでは新しいワクチンも間もなく開発されるようで、なんとか来年夏の『東京オリンピック、パラリンピック』が無事に開催されることを願ってやみません。

 さて弊社カタログ”冬の味だより”がお客様の手元に届いてから10日ほど経ちますが、今のところネットでの「おせち」の販売が好調であります。特に日頃あまり注文をされないお客様からのご予約が目立ちます。コロナ禍が影響しているのかもしれませんが、年末年始は不要不急の外出を控えて、家族で美味しいものを囲んで過ごそうとしている方が多いのだと思います。

 年末年始には何事も無く過ごしてきた一年を振り返って、新しい年に向けて夢や希望を語り合うのが本来の姿なのかもしれません。
しかしながら今年のような年は、老若男女を問わずすべての人が大きな犠牲を払うことになり、いまだに多くの困難と制限された生活を強いられています。

 こんな時ってやはり人の優しさやぬくもりに癒され、一人じゃないんだな、誰かに支えてもらっているんだなって感じると思います。
身勝手な考えや行動は慎んで、大切な人を守るために、自分を守るためにどうのように行動したらよいかを意識することが大切ではないでしょうか。
身近にいる人はもちろんですが、自分の周りにいる人々も少なからず影響を受けていたり、逆に影響を与えていると思います。
人との絆は楽しい時も辛い時も変わらぬものだと思います。美味しいものを食べた時って自然と笑顔になるものです。その笑顔が場をなごませてくれて、辛いことも忘れさせてくれます。
弊社の商品をそんな場面に召し上がっていただきたいものです。そして美味しいものを囲んでいる皆さんが、幸せを共有できることを望んでおります。

 《END》

2020年11月02日

65回目の冬。

 こんにちは。今日は一日中雨模様のようで、肌寒く感じます。
昨日は『冬の味だより』に載せてある冒頭のごあいさつを紹介させていただきましたが、本日は裏表紙に記した後書きのような私の今の心境を記載しておりますので、ご紹介させていただきます。

『65回目の冬。』
昭和31年、亡き父が22歳で始めたこの会社も、おかげさまで創業から65回目の冬を迎えました。父には商才があったわけでもなく、未熟さがゆえの苦労や挫折も数知れずあったようです。そして困難な壁に何度も挑み、失敗と成功を繰り返してきたのだと思います。でもそこで経験したことが血となり肉となって、自分の生き様や会社の経営理念を確固たるものにしたのだと思います。
 とにかく父は生真面目で、一本気で、精神的にタフな人でした。仕事人間の父が私たちに話すことと言えば、会社の利益よりも、どうすればお客様が喜んでくれるのかと言うことでした。
 仕事に徹していた父から、難しいことわざをよく聞かされました。「水は方円の器に従う」とか「陰徳あれば陽報あり」とか。今となってはその意味も理解でき、なるほどと思うことばかりです。
 コロナ禍の今、経営者としての立ち振る舞いが問われていると思います。出来ない理由ばかりを探しているようでは、経営者として失格だと思います。
父の背中を見て大人になり、従業員の働きに勇気付けられ、多くのお客様の声に励まされてきました。それは私にとって大切な宝物であり、原動力でもあります。どんな世の中になっても諦めることなく、周りのたくさんの人々に支えられていることに感謝をしなければなりません。そしてより良い商品づくりをすることでみなさんに恩返をすることが、私に課せられた使命だと思っております。
令和2年11月吉日
(株)魚伊山陽路
代表取締役 原田浩太郎

《END》

2020年11月01日

『冬の味だより』出来ました。

 おはようございます。今日から11月(霜月)です。朝晩はかなり冷えるようになり、寝起きの悪い私にとってこれから試練の時期が始まります(-。-)y-゜゜゜
”GO TOトラベル”に続き、”GO TOイート”も始まって人の動きもかなり活発になってきたのは喜ばしいことなのですが、アメリカやヨーロッパの新型コロナウイルス感染の第2波の凄まじい数字を見ていると、日本は大丈夫なのかと心配でたまりません。

 さて、毎年11月の第1週にお届けしている『冬の味だより』も只今印刷作業に入り、順調に行けば今週末には発送できるのではないかと思っています。
コロナ禍で商売をする環境も非常に厳しいものですが、お客様一人ひとりが健やかに、穏やかにお過ごしになれる一助となればと言う思いで、精一杯の企画を考えさせていただきました。

 ここにカタログに載せている私の”ごあいさつ”を紹介させていただきます。
                   ごあいさつ
 新型コロナウイルスの感染が世界中に猛威をふるって早10ヶ月になります。こんな状況になることを誰が予測したでしょうか。ウイルスは人類よりもはるか昔から生存しており、その正体は未知の部分が多く、感染の収束までにはまだまだ膨大な時間とお金がかかるのでしょう。
 今まで当たり前のように過ごしてきた生活が戻って来るわけもなく、コロナ禍での生活に一日も早く慣れて、現実をしっかり受け止めて前を向いて行くしかありません。
 人生って長く生きているといろんなことが起きるものです。戦争、大恐慌、高度経済成長、自然災害、そしてウイルス感染。私はその様々な事象にはすべて意味があると思っています。起きてしまったことに対して一喜一憂するだけではなく、自分なりによく消化したり分析したりして、今後の自分の人生にどのように活かしていくべきかを考える必要があると思います。
 私は経営者という立場であると同時に、一人の人間であります。コロナ禍での経営、舵取りは本当に難しいものですが、今のコロナ禍の状況を自分なりによく考え、これからの人生の指針の一つとして活かしていかなければならないと思っています。
今、おかげさまで私は生きています。そしておかげさまで仕事をさせていただいています。失うものもたくさんあったけど、与えていただいたもの、身に付いたものもあったと思います。それはすべて誰かのおかげです。たくさんの人から支えられ、助けられたまさに“おかげさまの人生”だったと思います。
それは誰にでも当てはまることではないでしょうか。人間って一人で生きてはいけないし、人生には良い時もあれば悪い時もあります。誰かから支えられていることに感謝をして、いつか自分も誰かを支えてあげられるような存在でありたいものです。心と心のつながりは目には見えませんが、自分の人生にとってかけがえのないものであり、大切にしていかなければならないと思っています。
 末筆になりましたが、皆様の一年間のご愛顧に感謝申し上げますとともに、皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げ令令和二年十一月吉日
(株)魚伊山陽路
三代目社長 原田 浩太郎

2020年10月26日

コロナ禍を生きる。

 おはようございます。気が付けば今月初めての投稿でした!(*_*;
今月私は、11月上旬にお客様へお届けする「冬の味だより」の原稿に翻弄されておりました。でも毎回こうした原稿を考えている時が一番充実していて、私にとって楽しい時間なのです。
自分の思いばかりを一方的に伝えるのではなく、お客様がどのような想いで贈られるのか、またどのような気持ちで召し上がるのかを想像しながら原稿を書いていると、心がとても無の状態でいられるのを感じます。

 人生いろいろって歌がありましたけれど、今年のような新型コロナウイルスの蔓延はまさにそうですね。誰も予期した者などおらず、未知のウイルスとの闘いに人類が翻弄されてしまいました。
こうした状況になると、お国柄とか民族性が顕著に表れるものですね。日本人の美徳でしょうか、マナーとか忍耐とか、助け合いとかが功を奏した感じで、諸外国よりも感染者を抑えることができています。

 コロナ禍によって失われたものも多かったでしょうが、得たものもあったと思います。今まで当たり前のように過ごしてきたことが、実は当たり前ではなくて、誰かのお蔭で成り立っていたことがいっぱいあったと思います。それに気付けたことだけでも大きな収穫だと思います。
誰の世話にもならず、今まで生きてきたのは自分の努力の賜物だからって思っている人も、少しはコロナ禍では人の恩義や優しさに触れて意識が変わった人もいるのではないでしょうか。そうあって欲しいと願っております。

 コロナ禍になる以前から、世の中にはいろんな苦難と闘っている人はたくさんいます。その人の立場にならないとわからないことも多いかもしれません。他人の事を自分のこととして少しでも考えることができれば、自分の不満ばかりを言う人も減って、周りへの感謝の気持ちも増えることでしょう。

 世知辛い世の中に加えて、コロナ禍の世の中。生きづらいし、心も穏やかになれないかもしれない。でもこんな時こそ、ひと息ついて自分のことよりも周りに目を向けて、優しい言葉のひとつでも掛けることができたら、自分ももっと強い人間になれるかもしれない。

《END》

2020年09月29日

命の大切さ。

 こんにちは。明日から10月です。今年もあと3ヶ月かと思うと、なんだかやけに焦ってきます(*_*;
もう半年以上コロナ禍の状況にあり、仕事の行く末も心配で心配でたまりません。持続化給付金も今のところギリギリで基準を満たしておらず、前年比30%~49%減をずっと推移しており、もう大ピンチなのです!

 安倍政権から菅政権に代わりましたが、世界を巻き込んだ新型コロナウイルスの感染収束までには、まだ1年~2年はかかりそうだし、収束後にはいろんな給付金、補助金を大盤振る舞いしたおかげで国の財政も火の車だろうから、きっと国民にツケが回ってくるのでしょうね(-。-)y-゜゜゜

 さてここひと月、ふた月の間に何人もの芸能人の方が自ら命を絶っています。よほど追い込まれていたのか、衝動的なのかはわかりませんが、誰かに相談をすると言う選択肢はなかったのですかね!?
いろんな人がいますから、自分の抱えている悩みを人に打ち明けられる人ばかりではなく、抱えたまま自ら命を絶つ人もいるのです。

 私など自ら命を絶つ勇気などあるはずもありません。だから自ら命を絶つ勇気があるのなら、いろんな手段を使ってでもまずは”生きる”選択をするべきなのではと思ってしまいます。
確かに今の世の中は世知辛く、生きていくのも大変なことが多いですよね。でもやはり自ら命を絶つ選択肢だけは無しにしてもらいたいです。
自分の周りには親、兄弟、家族、仲間がいます。病気や事故で亡くなるのならまだ時間と共に諦めもつくでしょうが、自ら命を絶ってしまうと、遺された人達の心の傷は相当なものだと思います。

 自殺をする人ってだいたい真面目な方が多いのではないでしょうか。真面目すぎるがゆえに、生きる選択肢も自ら狭めていくんだと思います。
生きていれば楽しいことより辛いことの方が多いです。しかしながらわずかでも楽しいひと時を感じることが出来るからこそ、辛いことも乗り越えられるのではないかと思います。

 私も人付き合いは得意ではありませんが、何でも話せる人、相談出来る人の一人か二人は見つけておこうと思います。全てを話せなくても、面と向かって話せば少しは楽になると思います。
人間って弱い生き物です。良い意味で周りにお世話になったり、時には迷惑をかけたりするのもいいんじゃないかな。生身の人間だもの、自分の弱さを人に見せることも大切だと思う。誰かにSOSを送れば、きっと誰かが助けてくれる。弱い自分だって、いつか誰かを助けることもあるかもしれない。
人間って、生きていると言うよりも生かされている。だから私は周りのたくさんの人々に「お蔭さま」と言う感謝の気持ちだけは忘れずにいようと思う。

《END》

2020年09月21日

「陰徳あれば陽報あり」のお話し。

 こんにちは。世間では4連休とのことですが、おかげさまで少しずつではありますが仕事も増えつつあり、連休も休みなしでやっております。
お彼岸を向かえる頃になると、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通りに、日中もかなりしのぎやすくなりました。昔の人の言葉ってすごいですよね! 
他にも先人たちの言葉で、「陰徳あれば陽報あり」と言うことわざがあります。これは文字通り、人知れず徳を積んでいくと、必ず良い報いがあらわれるって意味なのでしょう。この言葉は亡き父も大変好んでいて、私をはじめ従業員にもよく語っておりました。

 世の中はみんな持ちつ持たれつの関係だと私は思うのですが、中には人に与えた恩をしっかりと覚えていて、逆に人から施された恩をすっかり忘れてしまっている人のなんと多いことか(-。-)y-゜゜゜ そんな人達にこそ「陰徳あれば陽報あり」って言葉を胸に刻んで欲しいと思います。

 私の周りにも、自分のことより人の為にいろいろと気遣うことが出来る人が何人かいらっしゃいます(#^^#)。見返りを求めているわけでもなく、恩きせがましくしているわけでもなく、ごく自然体でそんな行動ができているから、傍から見ていてもかっこいいし、尊敬してしまいます。

 私もライオンズクラブでボランティア活動に参加することがあります。そもそもライオンズクラブ自体が社会奉仕をする団体です。人知れずと言うわけにはいきませんが、草取りやゴミ拾い、花の植え替え、献血などで社会奉仕に貢献させていただいております。

 私はボランティア活動に参加していることに幸せを感じています。誰かの為、世の中の為に役立っていると言う実感はさておき、ボランティア活動をしている時って無心になれます。会社のことも人間関係のことも、いろんなストレスも忘れて無心になれる時間がたまらなく好きです。

 陽報のことは気にしませんが、長い人生を生きていれば良いこともあるし、悪いこともあります。陰徳を積んでいてもそうだと思います。
ただ言えることは、陰徳を積んでいる人は決して悪いことが起きても人のせいにはせず、自分を省みながらも惜しみなく陰徳を積んでいくのだと思います。

 《END》

2020年09月12日

”秋の味だより”出来ました。

 こんにちは。大きな台風も去っていき、九州を中心に大きな爪痕を遺していきました。
新型コロナウイルスの感染防止と闘いながら、厳しい残暑と闘いながらの生活は本当に大変です。コロナ禍に合わせた生活スタイルも、馴染むまでには時間がかかるのでしょうね。

 1週間ほど前になりますが、恒例の”秋の味だより”を無事にお客様へ届けることが出来ました。withコロナと向き合っての生活はどうしても巣ごもりになってしまいます。そこでご自宅で簡単に召し上がっていただけるような商品、お手頃価格でお買い求めやすい商品を多数取り揃えて企画をいたしました。

202009秋ギフトチラシ

 マンネリ化した生活の中、少しだけ贅沢をしたっていいじゃないですかね(#^^#)。味覚の秋に相応しい美味しいものを食べて、心の活力の一助になればと願っております。

 さてこの時期コロナ禍において、異常気象や酷暑と向き合いながらの生活は本当に厳しいものですね。でもこのような時こそ自分勝手な行動や自分の都合に合わせた行動は慎むべきだと思います。

 京セラの創業者稲盛和夫氏の経営哲学の中で、“利他の心”を判断基準にするとあります。これは、
利他の心で判断すると「人によかれ」という心ですから、まわりの人みんなが協力してくれます。また視野も広くなるので、正しい判断ができるということです。ビジネスにも役立ちますが、日常生活においても意識することで、人間関係もギスギスすることがなくなるのではないかと思います。

 先日安倍首相が退陣を表明しましたが、次期首相争いはと言えばもうすでに決まったかのようで、選挙レースも白けた感じが否めませんね。政治の空白はあってはならないし、このコロナ禍の状況においては一刻も早く特措法の改正でコロナ感染防止対策を至急に講じるべきだと思うのですが、次の自分のポジションが気になって仕方のない先生方のなんと多いことか。政治家の先生もどうか”利他の心”で国民と向き合ってもらいたいものです。

 《END》

2020年08月27日

”優しい心を持つこと”

 こんにちは。新型コロナウイルス感染の第2波はとどまるところをしりません。酷暑とあいまって、二重苦の生活はなかなか厳しいものです。とうとう新型コロナウイルスでなくなる人よりも、熱中症で亡くなる人の数が上回りました。いまだにいろんな理由でエアコンを取り付けていない家庭もたくさんあり、命と引き換えには出来ないと思うのですが、どうにかしてあげられませんかね(-。-)y-゜゜゜

 今年は新型コロナウイルスの影響で、すでに新学期が始まっているところも多いようです。毎年この時期、そして新年度を向かえる時期(4月)に多発するのが、生徒の自殺です。その大半が学校でのいじめによるものですが、この新型コロナウイルスによる新たな生活様式が、子供たちにとってどのような影響を与えるのか大いに関心があります。

 我が子の自殺ほど親にとって悲しくて悔しいものはありません。思春期の子供は周囲にSOSを発信することなく、自分で抱え込んでしまうのです。また自分がターゲットにされることを恐れて、かばうことなく見て見ぬふりをしてしまいます。たかが子供のいじめでも、多感な子供の心、未発達な子供の心には耐えがたい傷として心に刻まれます。特にSNSが全盛の時代では、巧妙でかつ陰湿ないじめが続けられます。

 先日あるテレビ番組で、20年前に自殺した子供の母親が、二度と同じ事件を起こしてもらいたくない思いから、学校関係へ講演活動をしている模様が放映されていました。その中で、亡くなった我が子が口にしていた言葉を紹介していました。それは「一番大切なのは、優しい心を持つこと」なのです。

 何気ない言葉が相手の心を傷つけることなんて、大人の世界にもよくある話です。相手への思いやり、相手を気遣う優しい心があるならば、誰一人傷付かなくてすみます。人の痛みがわかる優しい心があれば、身勝手な言葉なんて出るはずもないでしょう。

 世の中にはいろんな人がいます。大人になるとなかなか変わることなど出来ませんが、どうか子供達には一人ひとりが”優しい心”を持って、このコロナ禍と猛暑の中を助け合いながら学校生活を楽しんでもらいたいものです。

《END》

2020年08月18日

戦後75年の夏。

 こんにちは。今日も命にかかわるような暑さです。地球の温暖化が進んでいるとは言え、最高気温が38℃なんて考えられません”(-“”-)” 
私が子供の時代はせいぜい32℃くらいだったと思います。当時我が家にはエアコンなどなくて、扇風機だけで涼をとっていました。熱中症なんて言葉もなく、日射病とか呼んでいました。
こんなに暑くなるとセミまで鳴かなくなるのでしょうかね。なんだか異国の地にいるようです。

 今年の夏はコロナ禍で、今までとは様変わりの夏となりました。高校野球も春の選抜の代替としての交流試合が行われたし、花火や夏祭りもなくなり、お盆の帰省も自粛が求められ、ことごとく夏の風物詩がなくなりました。
新型コロナウイルスの感染者も増加の一途で、なかなか歯止めがかかりません。
世界中の優秀な科学者をもってしても特効薬の開発までにはかなりの時間を要するのですね。改めて未知のウイルスの恐怖を感じております。

 昨日日本の4月から6月までのGDPが前年比27%減と発表がありました。戦後最大の落ち込みです。いつまでこんな状況が続くのかと思うと、正直言ってぞっとします。

 戦後75年の夏は、今を生きている日本人にとっていろんな意味で特別な夏となりました。コロナ以前の生活など戻れるはずもなく、新しい生活様式を模索しながら対応していかなければならないのでしょう。
私は毎年終戦記念日を迎えると思うのですが、今日の日本の平和は戦争で亡くなった多くの人々の犠牲によって成り立っていることを決して忘れてはいけない。
平和ボケをして、お金や権力によって理性を失い、人を批判するばかりで自分を省みることが出来ない人がなんて多いことか!

 私は常々生きていく上で、商売をしていく上で心掛けていることは、”人々への感謝”と”謙虚になる”ことです。
良いことも悪いこともあるけど、こうしてなんとか生きていられるのも周りの支えがあるからであって、自分の力なんて微々たるものです。自分の持ち合わせている運命ってものもあるかもしれないけど、いろんな方々のお蔭でこうして生きているのも事実です。
日々感謝と謙虚を忘れずに過ごせば、きっと良いことが訪れるのではないかと思います(*^^)v

《END》

2020年08月10日

エールを贈る。

こんにちは。新型コロナウイルスの感染者が増えていくことで、多方面にわたって様々な影響が及んでいます。日常生活では感染防止に対応しながらいろんな自粛が求められていますが、経済や産業、芸術、文化、教育、医療、福祉とありとあらゆる分野でも厳しい環境に追いやられています。
どの分野で働いていても、先の見えない中を闘い続けることは非常に不安で辛いものであり、こんな時こそ自分だけが大変なんだと考えず、各方面で一生懸命頑張っていらっしゃるたくさんの方々へ敬意を払うべきだと思います。

 今は新型コロナウイルスの影響で中断していますが、私は4月から始まった朝ドラ”エール”をずっと楽しみに観ておりました。作曲家の古関裕而さんをモデルにしたドラマですが、彼は庶民が口ずさむ歌謡曲から校歌、応援歌、行進曲、、、、、、etcなど、様々なジャンルの曲を作りました。そしてどの曲も、聞いている人に元気と勇気を与えてくれるものでした。

 私も音楽が大好きです。特に洋楽が(^。^)y-.。o○  何か楽器が弾けるわけでもなく、英語が堪能で、歌詞を理解しているわけでもありませんが、若い時からいろんなシチュエーションの中で音楽を聴いてきました。ドライブをしながら聴いていた曲、落ち込んでいた時に聴いていた曲、デスクワークをしながら聴いていた曲といろいろありますが、音楽がいつも私の心を穏やかにしてくれて、いろんなことを忘れさせてくれて、明日への活力になっていたのは紛れもない事実です。

 昨日”半沢直樹”を観ました。相変わらず面白いのですが、やはり第1作に比べるとドキドキ感が足りないように思います。しかし経済ドラマですから、演出が少々大袈裟なのは仕方ないにしても、学ぶべきところはたくさんあります。昨日も主人公の台詞で「勝ち組、負け組という言葉があるが、私はその言葉が大嫌いだ!」というのがありました。私も同感です。何をもって勝ち組、負け組というのかわからないし、そもそも勝ち組、負け組だからといって人生がどう左右されるのか。そもそも人と争うことが嫌いで、勝ち負けを意識したことがなく、人と比べたこともなく、常に自分のペースで穏やかにいることを望んでいた私には、人生において勝ったり負けたりすることにそれほど興味はないのです。

 難関大学に合格した者、大企業に就職した者、地位と権力を得た者、事業や投資に成功して大金を手に入れた者、これらが勝ち組だというのか!?私はそうは思わない。そう思っている人は、なんて薄っぺらい人なんだろうって思ってしまう。
人は人と比べることで優越感や劣等感を感じ、嫉妬をし、ひねくれた考えにもなる。人一倍頑張って、目標を達成して優越感を感じる人がいれば、人一倍頑張ったけど、目標を達成出来ずに劣等感を感じる人もいる。同じように頑張ったのに、一方は勝ち組で、一方は負け組なのか!?そんなのナンセンスだ( *´艸`)

 長い人生において、楽しいことよりも辛いことの方が多いかもしれない。成功体験よりも失敗体験の方が多いかもしれない。ただ言えることは、人は辛い経験、失敗体験から多くのことを学んでいるということです。私が思うに、人は辛い体験をすることで、人の痛みを自分の痛みとしてとらえ、人に対して優しくなれると思う。逆に言えば、辛い体験をしたのに、その経験が何の役にもたっておらず、だれかれ構わず声を荒げたり、感情をあらわにしてしまうような人は、その人がいくら地位が高かろうが、お金をたくさん稼いでいようが、本当に可愛そうな人だと思う。

 つまり生きていく中で大切なことは、学歴でもなく、どんな仕事をしているかではなく、いくら稼いでいるかでもなく、人にどれだけ優しく出来るか、人のためにどれだけ役に立てるかだと思います。
今コロナ禍の世の中で、医療従事者の方々には本当に頭が下がります。仕事だから当たり前だと思うのではなく、厳しい環境の中を日々頑張っている姿には敬意を表したいと思うのです。

 人は弱い生き物です。私だって誰かに支えてもらいたいし、元気をもらいたいと常々思っています(*^^*)。
いつも周りの人に対して気遣うような言葉がかけられ、笑顔で心優しく接することが出来るなら、きっと自分が落ち込んでいる時には、誰かが優しくしてくれるだろうし、元気を与えてくれると思います。
いつも苦虫を噛み潰したような顔をしているよりも、笑顔で周りを楽しくさせるような存在でありたいものです。
今まで自分ひとりの力で生きてきた人なんていません!(勘違いをしている人はいるかもしれませんが)
親や兄弟、友人、知人などたくさんの人々の優しさや支えがあるからこそ、今まで生きて来られたはずです。そのことを自分の胸にしっかり刻み込むことが出来れば、おのずと周りに対してどのように接すればよいかわかるはずです。

 病んでいる人、悩んでいる人に心からのエールを贈れば、きっといつか自分にも素敵なエールがかえってくると思うのです(#^^#)

《END》

 

1 / 4112345...102030...最後 »
  • 贈りものガイド
  • 魚伊山陽路 新規会員登録

ページの先頭へ

お支払い方法について

クレジットカード払い (以下のカードがお使いいただけます)クレジットカード番号を入力のうえ、ご注文してください。

JCB VISA MasterCard MUFG DC UFJ NICOS UC SAISON CARD AMERICAN EXPRESS Diners Club Orico 楽天 TS CUBIC AEON Cedyna OMC JACCS

代金引換
代引手数料:324円
「商品代金合計+送料+代引手数料+クール便送料」
代金は商品配送時に配送員にお支払い下さい。
ご注文金額5,400円(税込)以上ご注文の場合、手数料は無料となります。

郵便振替
商品の確保が完了いたしましたらお振込み金額のご案内をいたします。
※お振込みが確認でき次第、出荷手配いたします。
※払込み手数料はお客様負担でお願い致します。

銀行振込
「商品代金:商品代金合計+送料+クール便送料」
振込手数料はお客様負担でお願い致します。
ご入金が確認でき次第、商品を発送致します。入金確認は1~2日かかる場合がありますので、お急ぎの方は、ご連絡くださいませ。ご注文後7日以内にご入金のない場合、ご注文はキャンセルとさせていただきます。

コンビニ決済 (以下の店舗でご利用いただけます)
手数料 : 250円

Fレジ一覧

営業日とメールの返信日について

●インターネットでの注文受付時間は年中無休24時間受付(メール返信は営業時間内となります)。

●魚伊山陽路からの受注確認メールはご注文から48時間以内(営業内)にお送りするように努めております。

メールが届かない場合等はお手数ですがご連絡下さいませ。(エラーでのリターンが増えております。迷惑メールBOX・ドメイン拒否設定等ご確認下さいますと幸いです)
>> 詳しくはコチラ

送料について

送料はお届け先によって異なりますので、コチラのページをご確認ください。

お届け日の目安と配達時間について

配達指定日、配達時間をご指定いただくことができますので、買い物ステップ内の配送日時指定欄でご希望時をご指定ください。
配送指定日は、ご注文後5日以降の日付をご指定ください。

●お届け時間指定 下記の時間帯からお選びいただけます。

指定可能時間帯

返品・交換について

弊社の取扱商品は、なまのものためお客様のご都合による返品・交換は原則としてはお断りいたしております。

ご返品をご希望の場合は必ず当店までご連絡をお願い致します。ご連絡が無くご返送された商品はお受け取り出来ません。

配送中などの破損、事故がございましたら、2日以内に下記にお電話くださいませ。

個人情報保護について

お客さまの情報は、厳重管理しております。
ご注文いただきました商品の配送、資料の送付、お問い合わせ、商品お届け後のアフターサービスや弊社からの各種カタログ・ダイレクトメール・電子メールの送付、アンケートの実施などに利用させていただきます。あらかじめお客様からご了解いただいている場合、法令で認められている場合を除き、お客さまの個人情報を第三者に提供または開示いたしません。

ギフト商品の取扱について

●のし
のしをご希望の方は注文手続き中の「商品の振り分け」後、各商品ごとに内容をご記載ください。

●納品書などは同封致しません
お届け先様に「請求書や納品書」などの金額のわかるものは、商品と同梱されませんのでご安心下さい。請求書は後日ご注文者様にお届け致します。
※ご注文者様とお届け先様が異なる場合は「ギフト扱い」とさせて頂きます。

お問い合わせ

倉敷・魚伊山陽路 公式通販ショップ|瀬戸内旬の味紀行

株式会社 魚伊山陽路
〒713-8126 岡山県倉敷市玉島黒崎6538-1
電話:086-528-0150